インターネットビジネス・副業情報発信

お小遣い、生活費は自分のちからで稼ぐ。

ビジネス

ヤフショのナイショの話

投稿日:

「Yahoo!ショッピング」の画像検索結果

こんにちは。
タムラです。
今年も早くも二週間が経過しました。
そうこうしている内にまた2020年になっていたりするのだと思うとぞっとしますが、これだけ時間の経過が早くということはそれだけ充実しているということなのだろうなと思います。

ただ、あまりにもつっぱしりすぎると必ずどこかで疲れてくることはわかっているので、上手くリフレッシュしたり、休みながら、人生の戦いを進めていこうと思います。

さて、Yahoo!ショッピングにチャレンジする人が私の界隈では増えています。
理由は色々あるのですが、出店料無料なのではとても良いのですが、いままで自営をしたことがない”個人”にとってはいろいろとアカウント作成の時点でハードルが存在します。

ハードルが高いと感じるからやめるというのはあまりにも判断が短絡的すぎます。逆の見方をすると、ここを突破した人だけがその中で商売ができるということなので、それだけ参入時点でライバルをふるいにかけることができていることとなります。

個人で出店する際の審査時に必要なものとして、個人事業主としての開業届けの写しと過去に年間分の納税証明書が必要になります。またその書類を用意したからといってイコール申請が通るわけではなく、申請についてはYahoo!に申し込みをして書類を提出して独自に審査され、電話での本人確認を経ながら結果をメールでいただく。

そういった流れになっています。正直この時点で、めんどくさいと感じる人は参入してこないというわけです。メルカリやラクマ、同じYahoo!でもヤフオクに出品する方が、個人情報を登録してアカウント作成したら、すぐに出品することが可能です。

参入しやすさでいうとこちらの方がとても楽ということになります。でも、参入障壁が低いから良いというのはちょっと違います。

ライバルが多いという意味以外にも、参入障壁以上に考えておかないといけないことがあります。不用品を処分するだけなら、簡単にできるプラットフォームで手数料が極力安くてという考え方でもOKです。

ビジネスとして取り組むには、大事なことはその後の戦略なのです。普通の個人は独自に商材、商品を持っていないことの方が多いので、そもそも不用品で売る経験はできても、その後不用品の在庫がなくなったら、それはイコール売るものがなくなるということになっている方が多いと思います。

つまりは商品をどうするか仕入れをどうするか、などの戦略の部分を考えておかないと、アカウントをつくったはいいのですが、その先がないことになります。

また次回も自身の経験も踏まえヤフショ体験記をお届けしてまいります。

The following two tabs change content below.

タムラ

副業コーディネーター自己紹介はこちら
妻、子供二人の四人家族。大阪府出身。 とあることがきっかけで自分のビジネスを持つようになる。 副業、兼業が当たり前の時代になりつつある現代において、 やり方がわからない、パソコンが苦手などのお悩み解決のために行動しています。

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【自己紹介2】よく「始めるのに”遅すぎる”ということはない」と言いますが、正直同級生と比べて遅れていると感じていました。

挫折(失敗・悲運) はじめたものが、うまくいかない。あるいは一見順調に見えても、思わぬ障害に阻まれますよね、、 よく「始めるのに”遅すぎる”ということはない」と言いますが、正直同級生と比べて遅れている …

2018/03/10(土) 22:00 ~物販実践記~

田邊正和は サラリーマン副業物販ビジネスプレイヤーです。 現在の目標は 今の目標は月収30万円を継続すること。 月商500万円、月収100万円達成目指すこと。 2階建てのマイホームを購入すること。 ー …

沖縄から愛を叫ぶ

こんばんは! 沖縄から愛を叫ぶ 土曜日から沖縄入りし、MYCの下半期成果発表会に参加してきました。 夏のキャンペーンからスタートした新MYC00期生の面々。本当に様々な方がいらっしゃいますが、どの方も …

【自己紹介】そもそも”副業”との出会い、きっかけは?

はじめまして。田邊と申します。僕は大阪府に住んでいる、ごくごく一般的な四人家族のお父さんです。とあることがきっかけで”副業”をはじめました。最初は上手くいかず、色々な手法に手を出しては、お金だけが消え …

サスペンディッドゥ

お疲れ様です。 ビジネスいかがでしょうか。今回、アマゾン様より、営業停止の連絡を頂戴いたしました。 個人だろうが法人だろうが、ビジネスに取り組むということはそれだけ責任がありますので、”うっかりしてい …